プロがお薦めするパワーストーン7つの浄化方法!頻度や時間は?

パワーストーンを購入したらすぐにやったほうがいいこと、それは「浄化」です。

使っている間はもちろんなのですが、使い初めにもぜひ浄化してあげてください。

ハワイ・ワイキキのキャサリンの日本正規販売店であるYasが、キャサリンから教えていただいた7つの浄化方法をお伝えします。

あなたとエネルギー交換をしている大事なパワーストーンですので、日々かわいがってメンテナンスをしてあげてくださいね。

そうすればきっとあなたの願いを叶えてくれる素晴らしいパートナーになるはずです。

Yas
パワーストーンの浄化とメンテナンスはホント大事だよ!

 

パワーストーンを浄化するって何をきれいにするの?

パワーストーンは浄化してくださいね、と買う時に伝えられた人も多いはず。

でもパワーストーンを浄化するとはどういうことだかご存知ですか?

 

ハワイ・ワイキキの「ピュア・ストーン・ショップ」のオーナー・キャサリンに聞いてきました。

 

Yas
パワーストーンの浄化ってなにを浄化するの?
Catherine
石はあなたの意識(波動)と同調するの。
石はあなたにエネルギーを与えてくれるだけじゃなく、
あなたの感情や思考のエネルギーも受け取るのよ。
Yas
あら、そうなんですね。じゃ、俺のネガティブ思考も……
Catherine
そういうことね(笑)
だから常に石本来のパワーが発揮されるように
あなたから受け取ったエネルギーを浄化しなくちゃならないのよ

 

パワーストーンの浄化とは、ただ石が光輝くように洗うわけではないのです。

常に、石そのものが持つ純粋な自然界のエネルギーを維持するために、身に着けていた人から受け取ったエネルギーを除去するわけです。

 

パワーストーンの具体的な浄化方法

パワーストーンの浄化方法にはいくつかあります。

浄化させるのは、通常はあなたが寝ている間です。

石も休息を取らせてあげてくださいね。

 

わたしがパワーストーンのプロ・キャサリンに教わった浄化方法をご紹介させていただきます。

1. 毎日、流水で3分くらい洗い流す

おススメなのはやはり大自然の清らかに流れる水です。

きれいな清流や上の写真のように海の水だったら最高です。

 

あるいは、神社を参拝した際に手水舎でサッと洗うのも粋な方法ですね。

ただし、そこは神様が見ていらっしゃる場所ですし、パワーストーンを洗う場でもありません。

神様に感謝しながら、サッとスマートに柄杓で水をすくって洗い流すのがコツです。

 

パワーストーンの浄化は毎日のことですので水道水でもまったく問題ありません。

「流れる水」というところが大事ですので、ボウルなどに貯めた水ではないのでご注意を。

通常はこの方法で毎日夜寝る前に3分ほど浄化してあげてください。

 

また貯めた水の例外として「塩水」があります。天然の塩が入った水は浄化力が強いのです。

購入したばかりのパワーストーンなどはまず天然塩が入った水で浄化することをおススメします。

 

2. クリスタルクラスターの上に置いておく

わたし個人は、いつもこの方法で石を浄化しています。

夜寝る時に身に着けていたパワーストーンをクラスターの上で休ませてあげるという方法です。

 

クリスタル(水晶)やアメジストなどのクラスターが一般的で、原石の上に置いておくだけで簡単です。

ただしパワーストーンがちゃんと乗るくらい、ある程度大きなクラスターを用意する必要があります。

 

クリスタル(水晶)クラスターは他の石のパワーを高めてくれる働きがあるとも言われています。

石が疲れてる感じがしたら、ぜひクラスターの上でお休みさせてあげてくださいね。

 

よくさざれ石の上に置く人もいるようですが、キャサリンいわく「あまり効果はない」と言っていました。

 

3. 日光浴させる

この方法はすべての石に対応しているわけではありません。

太陽の光(紫外線)に弱い石もあるので、大丈夫な石かどうか専門書や専門サイトで確認してみてください。

 

水晶や色の濃い石などは、午前中(特に朝陽)のやさしい時間帯の太陽の光に充てるといいでしょう。

その際にはまず軽く水で流してあげてください。人間で言うと、軽くシャワーする感じですね。

そのあとに気持ち良さそうな場所を見つけて日光浴(ひなたぼっこ)です。

 

石が疲れているかも、と感じたら、30分~1時間程度、日光浴させてパワーチャージさせてあげてください。

元気になってあなたをがっちりサポートして願望実現を後押ししてくれますよ。

 

余談ですが、自分もからだの中から浄化するために「ブルーボトル」でお水もあわせて作るのもアリですね!

 

4. 月光浴させる

こちらは月の光に充てるというよりは、月の氣に触れさせるという感じです。

特に「満月」がおススメです。満月は太陽の光に満たされた月ですから「満ちる」パワーがマックスです。

 

満月の日が曇りで月が見えなかったり、雨が降っていたら、という質問をいただくことがあります。

最初にお伝えしたように、月が見えない曇りや雨の日でも、氣に触れさせることが大事です。

月のパワーは満ちていますので、お外に出してあげてくださいね。

時間的にはだいたい1~2時間でOKです。

こちらも太陽の光と同様に「ブルーボトル」で自分自身のからだの中を清める浄化水を作るのもおススメです。

 

5. セージやお香などの煙にくぐらせる

パワーストーンのお店やヒーリンググッズのお店には、たいてい乾燥したセージが販売されていると思います。

お店になければネット通販でも購入できます。

アメリカの先住民・ネイティブアメリカンが儀式で浄化のために使用していたことでも有名です。

 

浄化の仕方は簡単です。

セージの葉を2~3枚取り、火をつけて出てきた煙にくぐらせるだけです。

 

不思議なことに、浄化が必要な石には煙がまとわりつくように近づいていきます。

浄化が終わると、まとわりついていた煙が離れていくのです。

 

浄化できてるかな? と心配にならなくても煙が教えてくれるわけですね。

 

またセージの葉ではなく、お香でも問題ありません。

お好きな香りで大丈夫ですが、あまり人工的な香料が入っていないものをおススメします。

浄化用のセージのお香スティックタイプはおススメですよ。

 

 

6. 天然塩(粗塩や岩塩)の上に置いておく

海水もそうですが、塩には強力な浄化力があります。

古来、日本ではお葬式の帰りなど、家に入る前には塩で浄化する文化がありました。

 

塩は「とても」パワフルです。

あまり長い時間塩に着けておくと、石本来のパワーさえも失うことがあるそうです。

 

塩はサッと一振りする、塩のベッドに置くなら2~3分くらいで大丈夫です。

ただし、一般的に硬度の柔らかい石ですとこの方法は不向きです。

【参考】塩に弱い石
アンバー・アズライト・オパール・カルサイト・クリソコーラ・スギライト・セレナイト・ターコイズ・
チャロアイト・パイライト・フローライト・ヘマタイト・マラカイト・ラピスラズリ・エンジェライト・
サンストーン・ソーダライト・ラリマー・インカローズなど。

 

7. クリスタルチューナー(音叉)による浄化

 

クリスタルチューナーは、その名のごとく、水晶と一緒に利用されるチューナーです。

クリスタルが持つパワーを、チューナーの音に乗せて浄化するのに利用するものです。

 

パワーストーンの浄化はもちろん、自分自身や空間の浄化にも利用できます。

チューナーの音は4096Hzで、この音は「天使の扉を開く音」と言われてます。

 

浄化したい石にチューナーを近づけて音を鳴らしてください。

何度か繰り返すと、次第に音がクリアになってくるでしょう。

音がクリアになったら、浄化終了です。

 

天使の扉を開きたい方は、こちらから購入できますよ。

 

パワーストーンを浄化しないとどうなるの?

パワーストーンの役割は、あなたが発するマイナスエネルギーを吸い取って、

あなた自身のエネルギーの淀みをなくし、オーラが傷つかないようにあなたを守ることです。

さらに石が持つ本来のパワーをあなたにも分け与えてくれている、実にけなげなかわいい子なのです。

 

そのパワーストーンを浄化しないとどうなるか。

当然、石は疲れてしまい、次第にパワーを失っていきます。

するとあなたを守ることや、石のパワーを発揮してあなたの願望実現させることができなくなります。

 

最悪のケースですと、石が割れてしまうという現象も起こってきます。

それはあなたのネガティブなエネルギーを吸い過ぎて限界に達したということ。

浄化をしておけば……と、後悔しても時すでに遅しです。

 

しばらく使っていなかったパワーストーンも、また使い始める時にはまず浄化してください。

人もシャワーやお風呂でスッキリとリフレッシュするように石も爽やかな状態にしておいてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

マインドスタイリスト ウルフマスターリーダー アクセスバーズ™ プラクティショナー ハワイ・キャサリンのパワーストーン正規販売者 ハワイパワースポットスペシャリスト ハワイリトリートコーディネーター 『癒しのパワースポット・ハワイ』著者 ライフワークは「心が潤う気づきと癒しの旅」。 【 コンセプト 】 わたしはわたし。自分らしく生きる。 【 ミッション 】 ”わたしの幸せ” を生きるために、 人生にスパイスを効かせうま味を出す スパイスとは “いい感じの刺激” です。 人の人生にもちょっとしたスパイスが必要です。 それは自分を解放して癒される旅だったり、自分の世界を広げるセッションやワークショップだったり。 刺激を与えることで人は何らかの「気づき」を得て人生にもうま味、つまりその人なりの「味=個性」が出てます。 刺激が気づきを与え、気づくことで感情の解放や心の癒しがもたらされる、それを促すのがわたしのお仕事です。