ハワイ神話に登場する神々たちと、民族の神話を学ぶ重要性について

昨今、ハワイの文化に携わる人たちが増えてきています。

フラをはじめとして、サーフィン、レイメイキング、ロミロミ、マナカードなど、ハワイを愛し、ハワイを感じていたいという想いが文化に携わるという心を育むのだと思います。

わたしも『癒しのパワースポット・ハワイ』の本の制作に携わるまでほとんどハワイの文化や歴史を知ることはありませんでした。

しかしハワイを知ればしるほど、その文化や歴史を知りたくなりました。

そして同時に、日本との共通点の多さに、日本の文化や歴史にも再度学んでみたいという想いにもなりました。

Yas
今回はハワイの神話や伝説に登場する神様について、そして民族の神話を学ぶ重要性についてお伝えしますね。

自然を貴ぶ精神性が神々の物語を生み、継承している

古代ハワイの信仰は、森羅万象すべてに神様がいる というものでした。

それはちょうど日本における、「八百万の神々」 と同じ考え方です。

ハワイ独自の踊りであるフラは、自然や人の心の美しさを称賛するのと同時に、自然界に宿る神々に対して捧げるものでもありました。

ハワイには 「四大神」 と呼ばれる神々 (カナロア、カネ、クー、ロノ) を筆頭に、実に数多くの神様が存在します。

自然とともに生活し、そこから学んで育まれた精神性が神々の物語を生み、それを代々伝え継承していくことで民族的な結束力、また自然を愛しその中に神々をみるという心を強くするのだと思います。

 

ハワイだけじゃない。ポリネシア全域に名を馳せた半神・マウイ

数多く残されたハワイの神々が登場する神話や伝説の中には、人と関わりを持つ神様もいます。

人との交わりを持つ中で子供ができることもあり、それを「半神」と呼びます。

代表的な半神は、マウイ。月の女神でタパ作りの達人だと伝えられているヒナの息子です。

映画『モアナと伝説の海』の中でも登場しているので他の神々よりも少し有名かも知れません。

 

実際のハワイ(ポリネシア)に伝わる神話の中では、太陽を捕まえたり、島を吊り上げたり、マウイ島からカヌーに飛び乗って3回パドリングするだけでハワイ島にたどり着いてしまうというトリックスター (やんちゃ君) です。

神と人間との間に生まれ、半分人間、半分神様ということです。

半分神様なので、人知を超えるパワーを宿します。逆に半分人間なので不死の存在ではありません。

ハワイの伝説には神々の物語だけでなく、こうした人と神の交流や半神の超能力的なパワーを発揮した物語が多数存在するのです。

 

神話や伝説に登場するハワイの有名な神さまたち

以下に神話や伝説に登場する代表的な神々をご紹介します。

 

ワケア (Wakea) とパパ (Papa)

ワケアは天の神。妻のパパは大地の女神。

ワケアとの間に最初に産まれた子 「ハロア」 が残念ながら死産だったため、大地に埋葬しました。

するとそこからタロイモの芽が出て、それが次の子となり、人間の祖先となりました。

タロイモと人間が兄弟とされるのはこの伝説に端を発しています。

 

ハウメア (Haumea)

豊饒の女神。安産の女神。

夫はカーネ・ミロハイ。

数多くの子供を持ち、ペレ、カポ、ラカ、ヒイアカなど、神話や伝説に登場する主要人物の多くは彼女が産んだ子供たちです。

 

ペレ(Pele)

火の女神。

夫はカマプアア。

嫉妬心が強く、すぐに怒り出し、傲慢かつわがままな性格。だけど本音は愛に満ちあふれている。

ハワイ神話や伝説の中ではもっとも愛される存在。

その魂はキラウエア火山のハレマウマウ・クレーターに宿っています。

 

カポ(Kapo)

豊饒の女神。

カーネ・ミロハイとハウメアの間の娘であり、ラカの母。カーモホアリイやペレと兄弟。

フラの女神はラカといわれているのが一般的ですが、中にはカポだというハラウもありました。

カポは火の女神ペレと同じようにタヒチから渡ってきました。

タヒチからニイハウ島に到着し、そこからカウアイ島、オアフ島を経由してモロカイ島へ渡りました。

カポはこの島で人々に請われてフラを伝授したといわれています。

妹のケウェラニをクム・フラとして、ラエア、ウルヌイ、ラカという3人の男性にフラを伝えたという伝説が残されています。

そのためモロカイ島がフラ発祥地といわれることもあります。

カポの性格は厳しく残酷な面と優しい守護神的な面をあわせ持ち、残酷な面の彼女はカライパホアという毒薬の神の妹だったともいわれています。

 

ラカ(Laka)

豊饒の女神。フラの女神。

ペレの妹。音楽や踊り、雨を司っています。

多くのハーラウでは、フラの女神はラカとされています。

フラの女神であると同時に、ラカがいるだけで生命力があふれてくる、病が回復するなど、ポジティブエナジーの象徴でもあるようです。

しかしラカの出生についてはいまだに謎に包まれています。

四大神のひとり、ロノの妹、あるいは妻というメレ (唱) があるのですが、フラ以外ではそのような説はありません。

また一説によると、善悪両面を持つ女神カポの善の面がラカされていたのではないかともいわれています。

 

ヒイアカ(Hiiaka)

火の女神ペレの末妹。フラの女神。

幼なじみの男性、ポーポエからフラを教わりました。ハウメアが産んだ兄弟姉妹の末っ子です。

ハワイ島に咲くオヒア・レフアの花を愛する心優しくも、勇敢な女性。

姉のペレの命令でカウアイ島のロヒアウを迎えに行った話は有名です。

正式な名前は、ヒイアカ・イ・カ・ポリオ・ペレ (Hiiaka i ka polio pele) といいます。

 

カマプアア(Kamapuaa)

男性神で、火の女神ペレの夫。農耕の神ロノのキノラウ (化身)。

普段は美男子ですが、怒ると8つの目を持つ豚へと変身します。

ペレとしばしばいさかいを起こし、敗色濃厚になると 「フムフムヌクヌクアプアア」 というブーブーと鳴く魚に変身して海へ逃げます。

ちなみにこの魚はハワイ州の州魚です。

 

自然に宿る神々を擬人化して神話や伝説として語り継ぐことで、民族意識を高め、自然に畏敬の念を持ち、感謝の中に暮らしていたことがうかがえます。

これらの神々はマナカードに登場してきます。

またマナカードだけじゃなく、ハワイ(ポリネシア)の神話を学びたいなら、Haleakalaの講座をお勧めします。

ハワイはもちろん、ポリネシアの文化についてとても精通している女性、Naoさんが講師です。

 

民族の神話を学ぶことは国を存続させることに繋がる!?

イギリスの歴史学者アーノルド・J・トインビー氏は、滅亡する民族の3つの共通点ということで以下のように伝えています。

① 12~13歳までに自国の歴史や民族の神話を学ばなかった民族は滅びる。

② すべての価値を物質やお金に換えて心の価値を見失った民族は滅びる。

③ 理想を失った民族は滅びる。

という言葉を残し、自国の神話や歴史を学ぶこと、心の価値、理想の持つことの重要性を強調しています。

わたしたち日本人もみずからのルーツであり、民族としての魂が宿る神話 (古事記、日本書紀) を学ぶ重要性を感じます。

先にお伝えしたワケアとパパは、まるで日本の伊邪那岐と伊邪那美のようです。

国生み神話がこんなにもよく似ているとは、これまた不思議な話です。

ハワイと日本の共通点を見つければ見つけるほど、なんでこんなに離れたふたつの島の文化が似ているのかと謎が深まるばかりです。

神話ってその民族の精神性を巧みに表している気がします。

自然を愛し、貴び、感謝するという精神的な基本部分を忘れてはならない、そう感じます。

神話を学ぶこと、それがそのまま自然を愛する心を育むのではないでしょうか。

 

ABOUTこの記事をかいた人

マインドスタイリスト ウルフマスターリーダー アクセスバーズ™ プラクティショナー ハワイ・キャサリンのパワーストーン正規販売者 ハワイパワースポットスペシャリスト ハワイリトリートコーディネーター 『癒しのパワースポット・ハワイ』著者 ライフワークは「心が潤う気づきと癒しの旅」。 【 コンセプト 】 わたしはわたし。自分らしく生きる。 【 ミッション 】 ”わたしの幸せ” を生きるために、 人生にスパイスを効かせうま味を出す スパイスとは “いい感じの刺激” です。 人の人生にもちょっとしたスパイスが必要です。 それは自分を解放して癒される旅だったり、自分の世界を広げるセッションやワークショップだったり。 刺激を与えることで人は何らかの「気づき」を得て人生にもうま味、つまりその人なりの「味=個性」が出てます。 刺激が気づきを与え、気づくことで感情の解放や心の癒しがもたらされる、それを促すのがわたしのお仕事です。